倉庫商品管理システム

Wonder Warehouse

商品が複数の棚番に収納されていてもOK
棚番フリーの倉庫商品管理ソフト

バーコードとWeb利用でかんたん導入
業務改善で生産性をいっそう高めます。

  • 同じ商品が複数の異なった棚番に収納されていてもOK
  • 商品の棚番変更にも速やかに対応
  • 既存システムに負荷をかけずに運用可能

主な機能

  • 入出庫管理
    入荷日付を基本に商品の先入れ・先出しをサポート。入出庫の計画や実績の登録、EXCEL(CSV)ファイルによる取込にも対応し、簡単な操作で管理可能です。
  • 倉庫管理
    複数の倉庫の在庫管理に対応、棚番管理もでき、複数の倉庫からのピッキングにも対応可能です。
  • 商品管理
    商品をリアルタイムで管理、出荷予定との引当も可能です。
    また、Webベースのクラウドサービスですので、ネット環境さえあればいつでもどこでも在庫状況を確認できます。
  • 検品
    ハンディターミナルを使ったバーコード検品を用意。バーコードを読み取る事でデジタル照合。誤出荷を防止します。
    また、EXCEL(CSV)ファイル取込による一括検品にも対応。既存システムとの連携もOKです。
  • ラベル印刷
    (商品・送り状)
    入出庫や在庫等の商品情報をラベル用紙に印刷可能です。
    また、各配送会社の配送データとも連携し、送り状用のラベルも印刷でき業務の省力化につながります。
  • 棚卸し
    EXCEL(CSV)ファイルによる実棚データを取込、棚卸調整ができます。手動入力も可能です。

Wonder Warehouseの特徴Features of Wonder Warehouse

  1. 既存のネットワーク環境で利用可能

    インターネットができるWindowsパソコンとA4プリンタがあれば大丈夫です。商品を探す時間(無駄)を短縮し、組織の生産性を高めます。

  2. 棚番フリーで楽ちん商品在庫管理

    商品マスタ上の棚番・ロケーションマスタは不要です。入荷時に商品・製品・部品などが何処にいくつ有るかを登録します。場所だけでなく、入荷日付の管理を行いますので、先入れ先出しを実現します。

  3. 既存システムに負荷をかけずに運用

    画面から出荷情報を登録できるだけでなく、販売管理等のソフトウェアより登録済みの出荷情報をテキストデータで受け取り、出荷情報として取り込みます。

  4. 導入時のサポートも充実

    棚番の決め方、棚札に必要な情報等お客様の実情を考慮して準備の分担を決めます。運用開始前に作業のシミュレーションだけでなく、現場での立会を実施します。各工程での作業が支障無く完了するよう、現場での改善策検討したり、障害発生時の対応も相互に確認します。

  5. 安価な利用料で小規模事業者でもご利用いただけます。

    導入支援・見積 無料 初期設定費用 10万円(税別)~
    システム利用料 月額2万5千円(税別)~※保守・サポート料含む
    ハンディターミナル・ラベルプリンタもレンタルのご相談承ります。

  6. 基本システムで大半の物流業務をカバーできます。個別の業務に合わせてカスタマイズも可能です。

    お客様の業種、業態により業務フローは多種多様です。不便を感じることなくご利用いただけるよう、ソフトウェアをカスタマイズできます。お気軽にご相談ください。

Wander Warehouseを利用した商品の入出荷の流れFlow of goods in / out using Wander Warehouse

  1. 入荷業務

    入荷業務

    入荷した商品を、フリーロケーションでどの棚のどこに、何を何個入れるのかを管理することができます。
    ケース割れ・端数にも端数対応しております。
    ※商品にバーコードが付いていない場合、商品ラベルを印刷し、貼り付けることもできます。(※オプション)

  2. 出荷業務

    出荷業務

    基幹販売管理システム、ECプラットフォームよりテキストデータを読み込み、ピッキングリストを作成することができます。在庫情報を参照しながら、適切な商品のピッキングが可能です。

  3. 検品

    検品

    出荷対象となる商品のバーコードを読み取り、ピッキングリストとの誤差がないか確認します。スムーズな出荷、梱包が実現できます。

  4. 送り状印字

    ヤマト運輸、佐川急便、西濃運輸、福山通運等運送会社様システムに連携できます。住所データをテキスト出力し、
    運送会社様の送り状印字システムより送り状を印字することができます。

  5. 送り状印字

    在庫引き落とし

    当日出荷分のデータを在庫から差し引き、一日の商品の動きを管理することができます。

ロケーションフリーで在庫を完全に管理できるので、在庫移動による省スペースが実現できます。また、Wonder Warehouseの導入により、各工程の正確性をより向上させ、作業の効率化を追求し、作業時間の大幅削減を実現します。

導入の流れFlow of introduction

  1. お問い合わせ

    お電話・メールにてお問い合わせください

  2. 導入方法及び改善策の提案

    倉庫状況、商品の確認をおこない導入方法及び改善作の検討

  3. プロトタイプの作成(※カスタマイズが必要な場合のみ)

  4. 試験運用(1ヶ月程度)

    基本動作に無理、無駄の無いことを確認

  5. ご契約・実運用

本格導入まで約6週間が目安となります

導入事例CASE STUDIES

CASE-1

導入前の問題点
バックヤードの在庫管理がどんぶり勘定。在庫はすべて、担当者が手書きで手帳にメモする。出荷時は手帳のメモを手書きで更新。
導入によってどのように解決できたか
バックヤードの棚番の決定と棚札にバーコードを導入し、手書きを追放し、正確な商品情報を提供できるように改善。
導入によりどの程度のメリットがあったか
在庫情報の精度が向上し在庫有無の判定が正確になった。入出庫の作業が標準化された。ピッキング時間の短縮(商品を探す時間の短縮)。
導入時の懸案事項
全ての商品コードがバーコード化されていなかったため実在庫に誤差が生じた。
導入にかかった費用
インストアJANを用いた商品ラベル印字をシステムに追加。標準化に向けて必須項目と判断し追加費用なしで運用開始しました。

CASE-2

導入前の問題点
運送便の料金・集配状況の変化により方面別(東北地方・四国地方)の出荷状況を把握したいとの要望がお客様より上がりました。
導入によってどのように解決できたか
方面別の進捗状況を表示し遠方のユーザー様を優先的に出荷作業に着手できるよう情報画面を提供
導入によりどの程度のメリットがあったか
1便に積載されるので集荷ターミナルでの残貨物の減少につながった。
導入時の懸案事項
-
導入にかかった費用
-

CASE-3

導入前の問題点
繁忙期にピッキングゾーンの商品の在庫不足が発生すると商品の補充待ちによるピッキングの渋滞が発生する。
導入によってどのように解決できたか
補充看板が手書きのため作業精度が低かった点をサーバー上の登録データを活用し、手書きからコンピュータ出力に改善し作業精度を向上させた
導入によりどの程度のメリットがあったか
在庫不足となった商品の状況をコンピュータ管理することで、各作 業の精度向上と時間短縮を実現できた
導入時の懸案事項
誰でも簡単に使用できるように、サーバー登録手順の標準化と簡素化
導入にかかった費用
-
「人」と「技術」を大切にする会社です。
株式会社ワンダーワークス
〒550-0011 大阪市西区阿波座2-4-3 坂本ビル102